日光水のある風景|日光水物語

日光水のある風景|日光水物語

日光には滝が多いことから、「日光四十七滝」とか「七十二滝」という言い方が残っている。「日光三名瀑」と呼ばれるのは華厳ノ滝、裏見ノ滝、霧降ノ滝以外にも、湯滝や竜頭ノ滝もこれらと甲乙つけがたい。また、規模は小さいながらも姿の美しい滝が、あちこちに点在している。ちなみに、華厳ノ滝は「日本の三大名瀑」にも数えられている。

中禅寺湖

中禅寺湖は、男体山の噴火によって生まれたせき止め湖で、周囲が約25キロある。規模の大きい自然湖の中で、日本一の高さを誇る。中禅寺湖にはもともと魚がすんでいなかったが、明治時代になって次々と魚が放流され、いまでは日本有数の釣り場となっています。さらに、ここで育ったヒメマス、ニジマスなどの卵や稚魚は、全国の養殖場や河川湖沼にも供給されています。 さまざまな伝説に彩られた湖の周囲には、日光二荒山神社中宮祠、日光山中禅寺を中心に中禅寺温泉、キャンプ場、外国大使館別荘などがあります。また、日光二荒山神社中宮祠は男体山の登拝口になっている。そして、湖を運航す中禅寺湖機船、湖を散策するハイキングコースも楽しめる。

詳細は 日光水物語/日光商工会議所

http://www.nikko-water.com/index.shtml

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">